バイオマス発電の強み Strength バイオマス発電の強み Strength

Advantages of biomass power generation

EF-ONグループのバイオマス発電の2つの特徴

バイオマス発電の強み Strength

2006年の操業より培ったノウハウで、90%超以上の稼働率を実現。一般的な火力発電所がおよそ80~85%であることと比べても、非常に高いといえます。年1回実施される定期修繕以外は24時間稼働しており、稼働日数は年間およそ350日にのぼります。

バイオマス発電の強み Strength

使用燃料の50~60%は、含水率の高い非乾燥木(fresh wood)です。生木をこれだけ燃焼できる発電所は多くはありません。FIT制度のもとでは、未利用材、一般木材の使用率は、事業性に影響を与えるので、当社のこの技術には価値があると言えます。

高い稼働率と、生木を燃焼できる3つの理由

  • バイオマス発電の強み Strength

    木質専焼としては日本で最初に稼働したのが弊社グループの発電所です。長い経験があるから、豊富な維持管理のノウハウを有しているのです。

  • バイオマス発電の強み Strength

    2006年から稼働を続けていく中で、確かな運転技術が磨かれました。だから、弊社グループの発電所は、常に安定的な稼働を続けているのです。

  • バイオマス発電の強み Strength

    収集をグループ内で行うことで、燃料の量・質ともに良い状態を保っています。高い発電効率のためには、燃焼に適した品質調整が不可欠です。

EF-ONグループのバイオマス発電所のご紹介

EF-ONグループのバイオマス発電所の発電効率は約27%。木質専焼発電所としては、非常に高い水準を誇っています。発電効率を支える循環流動床ボイラーは、木質チップのエネルギーをより高い燃焼効率で引き出し、無駄なく活用します。貴重な資源である木質チップを、大切に、しっかりと使いきります。

お問い合わせは
こちらから

お電話でのお問い合わせ 03-5299-852303-5299-8523 [受付時間] 9:00~17:30 [休業日]土・日・祝