1. ホーム
  2. 事業紹介
  3. バイオマス発電
  4. 再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーとは

再生可能エネルギーの定義

再生可能エネルギーとは、利用する速度以上のスピードで再生する、自然の力を元にしたエネルギーの総称です。自然の営みから半永久的に得られるため、枯渇する心配がなく、地球環境への負荷が少ないことが特徴です。いわゆる新エネルギー(中小水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・温度差・バイオマスなど)、あるいは波力・海洋温度差熱などのエネルギーが、一般的に再生可能エネルギーに分類されています。

再生可能エネルギーが注目される理由

我が国で供給されているエネルギーの8割以上が、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料であり、そのほとんどを海外に依存しています。一方、近年、新興国の経済発展などを背景として、世界的にエネルギーの需要が増大しており、エネルギー自給率を上げるということが大きな課題となっています。そんな中注目されているのが、自然の営みから発電ができる、再生可能エネルギーの存在です。
また、再生可能エネルギーを導入・拡大していくことは、環境関連産業の育成や雇用の創出に繋がり、単なるエネルギー源の枠を超えて、経済対策としての効果も期待されています。

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせは

03-5299-8531

フォームからのお問い合わせは

お問い合わせフォーム