1. ホーム
  2. 事業紹介
  3. バイオマス発電
  4. バイオマスの種類

バイオマスの種類

バイオマスとは、動植物から生み出された生物資源の総称です。これらバイオマスを燃やしたり、ガス化することで発電するのが、バイオマス発電です。2002年に発令された「電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法」の中で、風力、太陽光、地熱、水力と並ぶ新エネルギー(再生可能エネルギー)のひとつとして定義されています。
資源を燃料とするバイオマス発電は、再生可能エネルギーの中でも、リサイクルや地域振興に繋がる発電方法として、特に注目されています。

未利用系バイオマス

わらなどの農作物の非食用部分や、山林に残置されている木材などを利用。燃焼技術が必要ですが、大量調達しやすく、林業振興などの経済効果も期待されます。

主な未利用系バイオマス

  • わら類
  • 林にある使われていない木

廃棄物系バイオマス

廃棄物を燃焼させたり、発酵させたりして利用。廃棄物であるが故に安価に調達できる半面、燃料としての加工が難しく、無限性に欠ける面を持ちます。

主な廃棄物系バイオマス

  • 生ごみ
  • 食品加工後のごみ
  • 使えなくなった油

資源作物系バイオマス

サトウキビなどの、燃料とされることを目的として育成される作物を利用。燃料化しやすい半面、燃料のために作物を育てる必要があります。

主な資源作物系バイオマス

  • 油脂資源(菜種など)
  • 糖質資源(さとうきびなど)
  • 農産資源(とうもろこしなど)

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせは

03-5299-8531

フォームからのお問い合わせは

お問い合わせフォーム