1. ホーム
  2. 事業紹介
  3. バイオマス発電

バイオマス発電

EF-ONグループのバイオマス発電

実は進化していない、発電のプロセス

照明、冷暖房、給湯、情報機器、調理器具。今の私たちは、電気なしでは考えられない生活を送っています。そんな人々のニーズに応えるため、電気を使った製品は日々進化し続けています。
一方、電気を作るプロセスは、明治の頃から大きく進化していません。何かを燃やし、その力を回転力に変え、発電機に伝える。ディーゼルエンジン、ガスタービン、蒸気タービン、水車など、回転力を発生させる仕組みは様々ですが、革新的な発電プロセスというものは、生み出されていません。

木を発電の燃料に使うことの難しさ

木質バイオマスによる発電も、伝統的な発電プロセスと大きな違いはありません。蒸気ボイラで木質チップを燃焼し、蒸気タービンから発電機を回転させて、発電を行う。ただし、燃料に木を使うということが、意外な難しさを生み出します。
かつて人々は、煮炊きをするのも、風呂を沸かすのも、木を燃料にしていました。それが、木炭→石油→ガス→電気と進化を遂げ、今や薪を使うのは、特別な機会に限られています。
現代人は、燃えやすい洗練された燃料に慣れてしまい、木屑のような不安定で原始的な燃料を、上手に使う技を忘れてしまったのです。

エフバイオスの古くて新しい技術

EF-ONグループのエフバイオスが目指すのは、木質燃料の最適燃焼です。それは言い換えれば、かつての技を現代に甦らせることです。木の状態は、種類、含水比、性状などが季節や出元によって大きく変化します。そうした自然の変化を上手にとらえ、燃料として大切に使う技術。EF-ONグループの技術とは、古くて新しいものなのです。

再生可能エネルギーとバイオマス発電

再生可能エネルギーとは、消費よりも速いスピードで再生する、自然の力を利用したエネルギーのことです。太陽光、風力、中小規模水力、地熱などが代表ですが、同じ再生可能エネルギーのバイオマスの大きな特徴は、燃料が存在することです。
EF-ONグループのバイオマス発電所では、木質チップを燃料としています。ではなぜ、木を選択したのでしょうか?
私たちの発電所には「電気を作る」以外の目的があります。それは「木を消費する」ということです。荒廃が進む山林資源の新たな出口として、バイオマス発電所がその役割を担うことで、産業としての裾野の広がりと、経済波及効果を生み出すためです。

EF-ONグループのバイオマス発電の2つの特徴

  • 90%を越える高い稼働率

    2006年の操業より培ったノウハウで、90%超以上の稼働率を実現。一般的な火力発電所がおよそ80~85%であることと比べても、非常に高いといえます。年2回実施される定期修繕以外は24時間稼働しており、稼働日数は年間およそ335日にのぼります。

  • 含水率の高い燃料を燃やす高度な技術

    使用燃料の50~60%は、含水率の高い非乾燥木(fresh wood)です。生木をこれだけ燃焼できる発電所は多くはありません。FIT制度のもとでは、未利用材、一般木材の使用率は、事業性に影響を与えるので、当社のこの技術には価値があると言えます。

高い稼働率と、生木を燃焼できる3つの理由

  • 設備維持管理のノウハウ

    木質専焼としては日本で最初に稼働したのが弊社グループの発電所です。長い経験があるから、豊富な維持管理のノウハウを有しているのです。

  • 確かな運転技術

    2006年から稼働を続けていく中で、確かな運転技術が磨かれました。だから、弊社グループの発電所は、常に安定的な稼働を続けているのです。

  • 品質調整と燃料収集能力

    収集をグループ内で行うことで、燃料の量・質ともに良い状態を保っています。高い発電効率のためには、燃焼に適した品質調整が不可欠です。

EF-ONグループのバイオマス発電所のご紹介

EF-ONグループのバイオマス発電所の発電効率は約27%。木質専焼発電所としては、非常に高い水準を誇っています。発電効率を支える循環流動床ボイラーは、木質チップのエネルギーをより高い燃焼効率で引き出し、無駄なく活用します。貴重な資源である木質チップを、大切に、しっかりと使いきります。

  • 木質専焼バイオマス発電所 大信発電所

    発電出力:11,500kW 運転開始:H18年10月

  • 木質専焼バイオマス発電所 日田発電所

    発電出力:12,000kW 運転開始:H18年11月

  • 木質専焼バイオマス発電所 豊後大野発電所

    発電出力:18,000kW 運転開始:H28年8月

バイオマス発電を、もっとよく知るコンテンツ

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせは

03-5299-8531

フォームからのお問い合わせは

お問い合わせフォーム